呪い代行

日本の呪い

呪いには「呪術」・「妖術」・「魔術」その他、様々とあります。「祟り」なども呪いとして考えらています。
人が行う呪いで日本の代表的なものは「丑時参り(うしのこくまいり)」です。有名な神社では京都府の貴船神社・岡山県の育霊神社などがあります。元は祈願成就の祈祷として神仏に参ることを指していましたが呪詛に転じまました。
世界には様々な呪いがあります。嫉妬、妬み、復讐と他人を恨み思いを遂げる「呪い」の数々です。
丑時参り(うしのこくまいり)
一般的な作法は、藁人形に呪いたい相手の体の一部(毛髪、血、皮膚等々)または写真、名前を書いた紙を入れる。
五寸釘を打った藁人形の部位に呪いをかけることができると言われています。

白装束を身にまとい、顔に白粉を塗り、頭に五徳をかぶってそこにロウソクを立て、一本歯の下駄を履き、胸には鏡、腰には護り刀、口に櫛を咥えて神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を毎夜五寸釘で打ち込む。丑の刻参りを他人に見られると、参っていた人物に呪いが跳ね返って来る為、目撃者も殺してしまわないとならないと伝えられる。
地方の伝わり方により掟、作法は違ってきますので注意が必要。

丑の刻って何時?

昔の時間の見方で丑の刻は午前 1時〜午前 3時

午前0時を子(前後1時間)
2時間ごとに下記のように
子 午後11時〜午前 1時
午前 1時〜午前 3時
寅 午前 3時〜午前 5時
卯 午前 5時〜午前 7時
辰 午前 7時〜午前 9時
巳 午前 9時〜午前11時
午 午前11時〜午後 1時
未 午後 1時〜午後 3時
申 午後 3時〜午後 5時
酉 午後 5時〜午後 7時
戌 午後 7時〜午後 9時
亥 午後 9時〜午後11時

丑の刻参りは鎌倉時代から行われている呪いの儀式です。人形を用いた呪いはもっと古く古墳時代には行われていました。
縄文時代の土偶は女神や精霊の象徴とされている反面、妊娠中に死にいたり、無念にも子どもを出産できなかった妊婦の無念を晴らす呪術にも使用されていました。後に人形の原型になったとも言われています。
陰陽師の式神
陰陽師が使役に式神があります。式神は荒ぶる神、妖怪であったとも言われています。人間の「善悪」を監視する役目を担っていました。多用途に渡り不思議な力を備え陰陽師は丑の刻参りを式神を操り行っていたとも言われています。邪神を使役して憑依させると恨みをの相手を祟っていました。
日本で呪いの知名度を上げたのはなんと言っても陰陽道と陰陽師の存在が大きいと思います。霊能力の長けた陰陽師の呪術は当時の人を恐怖させ守護してきたのでしょう。平安の世で安倍晴明が台頭してから陰陽道は王朝の隠れた側近として現代も呪術を屈して神国日本を守護しているのでしょう。
比較的、日本に伝わる呪いは祟りに代表される様な執念深く恨みの念が強いものでありジメジメとした嫌らしい怖さと恐怖を感じさせます。
呪いの成功に対して恨みの念の強さが求めれるのも日本の呪いや呪術の特徴ではないでしょうか。
陰陽道・いざなぎ流
崇徳天皇の呪い
平将門の呪い
闇のエネルギーを味方につけたい
幸せのエネルギーを味方につけたい
日本の呪い