西洋の呪い
西洋の呪い
人を呪う方法は様々にある。人型を使用した呪い、生霊、悪霊を扱った呪い。怨念のエネルギーで人を呪う。

呪いとは物理的な手段を用いず、超自然的力のエネルギーによって憎むべき対象者へ災いを降り注いていく。

「人を恨めば穴二つ」が呪いのリスクについての考え方。日本でも人を呪えば、自分に返ってくると、人を恨むことについて戒めがある。

西洋の魔術には黒魔術と言うものがある。黒魔術には扱うエネルギーによって魔術を行うものが破滅したり精神的に破壊されることがある。
日本の呪い返しとは全く異なることだが、呪いを行った者への報いがある場合があるのだ。しかし、それは呪いを行った術師に齎される災いと報い。あなたが黒魔術を自分で行わない限り、災いや報いをうけることはない。

人を呪いたいとあなたが思うとき、それは、何らかの理由があるからでしょう。何の理由もないのに人を恨む様なことは誰もしない。
恨みをはらしたいと思う気持ちには、それなりの理由があるはず。

セクハラ、パワハラ、いじめ、隣人のトラブルなど、人間関係に、人を恨む理由がある。黙って許すことができるのなら許せばよい。
もし、あなたが許せないと憤りを感じているのであれば、呪いも1つの手段として心を晴らすものになるには違いだろう。

あなたの恨み、呪いで晴らします。

※黒魔術に関して参照「呪い返し
-黒魔術代行-
呪い・魔術代行Wahl