本文へスキップ

因果応報とはあなたのしたことへ返ってきます

因果応報HEADLINE

呪いの代行では因果応報の原理は成立しません

仕返しや復讐を考える人は多くいます。けれど心を自制する働きが御座います。また、因果応報の考え方もありますので躊躇するのはごく自然です。

因果応報とはこの世の中に起こる全ての事象は原因の中に結果がある」と言った仏教の教義にあり因中有果 の考え方。因中有果 は古代ヒンズー教(バラモン教)の教えでもあります。
「善の行いは善として返ってきて悪の行いは悪として返ってくる」因果応報は現世に限らずカルマとなって前世より引き継がれ来世に継承されていく因果応報説は世界の至る宗教で説かれていますが前世、現世、来世に継承されていく考え方は仏教の特徴でしょう。

ここで考えなくてはならないのは、あなたを苦しめた人間を心から許せるかと言うことになります。許せない限りは因果応報の原理は働いているのです。
完全に因果応報を消し去りたいのであれば、悪事を行った人間に慈愛を持って接することが必要となり、出来るのであれば因果応報の原理を解消することが出来るでしょう。
慈愛を持てた時点で因が消えます。しかし、因が残っている限りは果は消えることは御座いません。現世のあなたは免れても来世では、自身を苦しめるカルマとして残ってしまうのです。現世での負は現世で解決を図るほうが永遠の命を繋ぐ魂には良いことと言えるでしょう。

しかし、あなたが手を下して仕返しや復讐をすれば新たな因を作ってしまうことになります。果は復讐をされた側、または下した人間が背負うもの。あなたが手を下さない限りは因果応報は成り立たない原理なのです。

悲しみや辛いことの因を抱えてしまったとき、人間は消化することが望まれます。そうしなければ、完全なる慈愛を持って消滅させるしか因果の法則から逃れることは難しいのです。完全なる慈悲の心を、どれだけの人間が持つことができるのか、それは自分次第とも言えますが・・、慈愛の心で憎い相手を許すことができない場合は、呪いの代行を利用することで因果応報の原理から逃れながらにして恨みを晴らす手段の1つを手にしたことになるとも言えるでしょう。