本文へスキップ

浮気をされたとき、恨みを晴らしたいと思う女性は6割

浮気をされた女性の6割は仕返しを考えるHEADLINE

浮気は許せない、仕返しは当然

浮気された女性にアンケート調査をしたところ6割の女性が仕返しを考えている、または、何らかの仕返しをしたと言う回答があったそうです。

浮気を男性の性本能として許そうと思われる女性もいるようで仕返しをしても自分が嫌になるだけと言う回答もありました。人それぞれ考え方は自由ですからアンケート結果に良い、悪いは誰にも分からないことではあると思います。
好きな相手、信用していた相手に浮気をされてしまったとき、どう思うかあなたの心で何が起き、そして、感情や思いに対しての処理法を最も重視して考えるのが良いのだと思います。

自分が苦しくて悲しくて仕方ないのに相手を許すことは我慢することですから自分の心を犠牲にしてしまうことになりかねません。
恋人との関係を壊して全てをリセットしてしまうことも選択の1つになるかもしれません。恋人同士ならまだしがらみも少なく出来ることかもしれませんが既婚者ですとそうは簡単に出来ないこともありますね。
自分も同じことをして仕返しをする、それもどうでしょうか、好きでもない人とそんな関係になれば自分を傷つけてしまうことにもなりますね。傷ついた心にまた傷を上乗せする様な結果を招くことも否めませんので慎重に考えなければならない判断ともなります。
相手が謝ってきたから、許したけれどとまた、何てことがあれば再々に渡り自分が傷つていてしまいます。
また、あなたの心の何処かにシコリとして残ってしまえば、二人が喧嘩してしまったとき、何かある毎に浮気の事実は沸々とあなたの心を痛く攻める原因ともなるでしょう。

相手に懺悔を兼ねて二度と同じ過ちを起こさせない運命のルートを作り、そのうえであなたが納得するような仕返しでお灸を据えて関係を修復している方も当サイトには多いです。勿論、憎しみの対象を相手の異性に向ける方も沢山おられます。それは、それで自業自得の罪の償いとして黒魔術の対象と成り得ますので問題は御座いません。

黒魔術は復讐や恨みを晴らすことだけに使われると思われがちですが当サイトでは復讐と修復を考えている人には修復を誘発させる運命のルートを作りながら仕返しで復讐心を満たす施行もしております。

別れてしまった後に好きだった相手を恨む自分が苦しいですとご相談を頂ます。好きだった相手なのに憎しみが心から離れない。それは別れた原因が消化されず自分が今も傷つけられているからなんですね。
恨みや憎しみはたとえ好きだった人であろうが自分が傷つけられれば誰にだって持つ感情です。だって、それが普通なんです。普通の人間なら当たらり前で、あなたは正常なんですから。心の傷を癒す方法を考えていきましょう。