本文へスキップ

黒魔術の呪いについて

黒魔術の呪いHEADLINE

黒魔術

黒魔術の定義は邪術として自分に好ましくないもの、不道徳で他人に害を齎す技法として通説があります。
しかし、本物の黒魔術は邪術でもなれければ不道徳でも御座いません。
呪術として他人に害を与えることは間違いありません。しかし、無差別に他人を害する為にある術ではないのです。害を及ぼされる相手は害を被ってしかるべき行動があったから黒魔術の制裁と報復を被るのです。

不道徳とは、意味も無く自分勝手に人を傷つけることを言います。そして、その行為に及ぶとき物質的行為で行うことを指すのです。
格闘家が拳を磨き術を習得する、その術を己の自我を満たすため他人に害を及ぼしたとき、不道徳は成立するのです。
黒魔術で対象とされる者が人を傷つけた人間である限り黒魔術の行使執行は不道徳に当てはまることはないでしょう。

人は復讐を好む生物です。それを抑制するのが文明社会の秩序なのです。秩序が崩れたとき、人々の理性も崩れ野蛮な時代にあった復讐を誰を止めることは出来ません。

唯一、人の理性を超えて野蛮な復讐を止めることができる術、それが魔術であり呪いであります。

世界では、報復と復讐の連鎖は絶えることなく、今日、今、この時間にも罪の無い人間が命を落としている現実があります。日本もかつては復讐を認めていた国です。
しかし、それではいつか地球は誰一人として生き残ることが出来ない荒れた星となるでしょう。神が人間を許さない時がやがて訪れることになる前に人類は少しずつ意識を変えながら魂を大切にする生き方を近代文明でやっと手に入れつつあるのです。この先、先祖返りをせぬようカルマを魂に背負わせる人間が一人でも減ることを願いつつ、そして、何よりも理不尽に苦しむ魂に本当の癒しをもたらす為、恨みと悲しみの念を晴らす黒魔術をお役立て頂けたら幸いです。