職場での恨みを晴らす方法

上司からのパワハラ・セクハラ・イジメ

職場の人間関係での苦しみや恨みSERVICE&PRODUCTS

職場での恨みを晴らす方法

仕事場での恨みを晴らす方法はないものでしょうか

試行錯誤の末、ようやく見つけた仕事。自分にとっては大切にしていきたい居場所の1つでもあります。けれど仕事が始まって分かることも多くあります。
「こんなはずじゃなかった」と思うこともあるかもしれません。特に人間関係で悩んでしまうと仕事を続けていくことの不安を抱くこともあり毎日が憂鬱になってしまうこともあります。お仕事、職場関係でのご相談は非常に多いです。天職と思ったのに人間関係で退社するハメになることほど悲しいことは御座いません。

職場の人間関係に疲れてしまうと「もう辞めたい」「辞めた方がよいかもしれない」と誰だって思うことがあるかもしれません。同僚や上司、部下との関係がうまくいかずに孤立してしまった。イジメにあって心身ともに疲れてしまう。心が壊れてしまうくらいなら職場を去る選択も1つとなります。

しかし、会社を辞めるとなると色々なことが脳裏を過るものです。

経済面のこと。

好きな仕事なのに。

やっとの思いで就職したのに・・・

などなど、職場への思いもあります。それよりも何もなぜ、自分が辞めなければならないのかと憤りすら感じてしまうこともあるでしょう。

「辞めた方がよいのだろうか・・?続けていくべきか・・?」

気持ちが落ち着かずムンムンとしながら仕事をしていても心はモヤモヤして仕事自体が上手くいかなくなってしまうものです。
人間関係が悪いなら、心を壊してしまうくらいなら思い切って退社することもよいです。それであなたが後悔しなければそれでよいのです。しかし、後悔が残ってしまうこともあります。後悔が残れば辞めた自分を責めてしまうこともあります。それは自身にとって悪循環となりその先の人生を狂わせてしまうことになるのも否めません。

人により状況や環境は様々ですので「辞める」だけでは済まされないことも多々あります。それでは自分を苦しめる人間関係を破壊していくことも1つの選択となるでしょう。破壊と再生は繰り返し行われる世の常です。自分にとって悪い、マイナスのものであれば破壊して良い、プラスに再生させる道を選択するのも1つとなります。

あなたを苦しめる人間関係を破壊するのに黒魔術は選択肢の1つとなるでしょう。

パワハラ上司が許せない

上司からのパワハラ・セクハラ・イジメ。パワハラを行う上司は「弱い者いじめ」「自分の気分次第」「自分勝手」で「暴言と恐怖」を周囲に与えることで部下をまとめようとします。一人をターゲットにすることで周囲から孤立させ内部にある種の敵対できる的を作ることで部下の不満を上司に向かわないようにしています。
パワハラは一種の集団統治を行う方法として上司が使う卑劣な行為です。部下に広がる連帯感や反抗を徹底的に潰すために部下集団内にリーダーを作らさないようにしているのです。
世界には大きな国から小さな国まであらゆる集団が同じ価値観を共有して民族として生きています。同じ価値観を共有できない者は爪はじきにされていくのが民族イデオロギーなのです。それは、国から街へ、街から村へと、会社や学校、あらゆるコミュニティーに存在する悪い習慣でもあるのです。
大きな意味でパワハラは集団を同一イデオロギーに向かわせるための方法でありますが、集団が小さくなればなるほどに個人的な感情は強くなる傾向がありますので「弱い者いじめ」や上司(自分)が気に入らない者が対象となっていきます。上司に目をつけられると徹底されたパワハラの被害に苦しむこともあります。
ですから日本では「長い物には巻かれろ」「郷に入れば郷に従え 」の文化が定着しているのです。

パワハラ上司に対しての対応としては、相手のペースに乗らないことが重要です。パワハラとは受ける側を怒らせて集団からの排除に関して自らが離脱へと思わせていくことです。ですので、あなたの意見は冷静にはっきりと伝えていく姿勢と、出来ないことは出来ませんと明確に突っぱねることも大切です。曖昧な態度や「逆ギレ」は相手に付け入るスキを与えてしまいます。
パワハラを行う上司は、無理難題や非常識なことを平気で行ってきます。その行為、言動に対して凛とした態度で対応することで上司は、あなたに一目を置かざる負えなくなります。そうなればパワハラから自分を守ることが出来ます。
しかし、「出る杭は打たれる」のが日本の社会ですから上司に立ち向かう意思は心に秘めながら上司を超えていく仕事や実績を積み上げていくことも必要となってきます。

職場での悩み

職場の悩みの多くは人間関係にあります。職場での人間関係が複雑になってしまう原因は幾つかありますが、基本的なところでは一致しています。
限られた空間のなか、密室ともなる場所で長時間過ごさなければならないストレスや価値観が違う人間の集合体として、1つの目的意識を共有しなければならない組織は集団生活の雰囲気が作られていくからです。連帯感は、一種のイデオロギー的な世界観や宗教的な観念と同じ様な感情をコミュニティーに芽生えせます。それは「異端は排除」です。特定の人物をターゲットにしたパワハラ、イジメ、仲間はずれ、無視等々を誘発させるのです。辛い状況に追い込まれ何ヶ月、何年と耐えている状態が続いているとしたら職場に対して恨みを抱くこともある意味仕方のないことかもしれません。
職場でのイジメ問題でコミュニケーション不足がよくあげられます。挨拶が上手くできなていない。気遣いの言葉が少ないなど、コミュニケーション不足は誤解を生む可能性はとても高いものです。しかし、挨拶や気遣いが出来なくなってくるのは、それなりの理由があってからです。入社した当初や職場での雰囲気が良いころは自然と出来ていることです。出来なくなってしまったのは徐々に職場での立場が孤立し始めているか悪くなってきているときです。そんな状況で挨拶や気遣いは自分を苦しめる行為になってくることもあります。よかれと思いしたことが裏目に出るときなどは既に職場での立ち位置が変わってきているときなのかもしれません。そんなときにコミュニケーション不足と言われても「私はちゃんとしているよ」と反感を抱くのは当然の感情となります。
「異端の排除」とは恐怖や分からない存在、自分たちとは違う存在に対しての違和感から誘発されていきます。コミュニケーションが取れなくなっている時点であなたは異端扱いされている可能性は高いのです。異端扱いされているとしてコミュニケーションを改善していくことが果たして職場での人間関係を修復するのに役が立つかは分かりません。また、能力差は職場においては自分の存在のあり方を決定づけしてしまうことがあります。
職場では、できる人は尊敬が集まり、できない人には不満が抱かれるものです。

様々な要因が連鎖して職場での恨みは高まります。そして、それらは苦しんでいる人間をさらに貶めるのです。「あなたが悪いんでしょう」「態度を改めたら」
そんな言葉が悩む人の心をさらに苦しめます。「自分が悪いんだ」と周囲は思わせるのです。

どんな理由があってもパワハラやイジメ、仲間外れや無視など、多々ある嫌がらせは行う方が悪いのです。それを許せるか許せないかはあなた次第となります。仕事場での恨みを晴らす方法をお考えなら黒魔術は1つの選択肢となるでしょう。