旦那のモラハラが許せない|相手の性格に我慢の限界|

モラハラ夫や妻にもう我慢できないと感じたら

モラハラ夫や妻にもう我慢できないと感じたらHEADLINE

モラルハラスメントからの脅威と対策

モラハラ夫、妻にもう我慢できないと感じたら、あなたはどうするでしょう。セックスを強要されたり、いつも馬鹿にされる、そんな毎日に心が張り裂けそうになってしまうまで我慢してしまうのがモラハラの特徴と被害です。モラハラと気づいたときはあなたは心身ともにボロボロだったりします。

モラルハラスメント(モラハラ)の恐怖は長期に渡り被害に気がつかない事にあります。夫婦の関係は密室の関係でもあります。夫や妻の日常が当たり前、行動や言動は普通と思っているからで、言葉の暴力は特に肉体に傷を与えませんので余計に分かりにくいものです。

モラハラは言葉、態度による精神的な嫌がらせなど肉体的な暴力ではないですから他人が気がつくことがなかったり、遅れたりします。他人には分からない家庭内事情の側面もあり長期的に渡り精神を蝕まれてしまうところに恐怖があります。「夫婦間の事だから」と周りから見れば多少は我慢するべきと言った習慣的な考え方もあります。モアハラは感じている本人ですら気がつくまでその苦しみや辛さを理解することが難しく少ないのです。

モラハラの日々は心にダメージを与えます。「自分はダメな人間」と刷り込まれてしまうこともあります。暴言や嫌味が当たり前となる日々にあなたの心は「違うでしょう」と感じる意思に反して受け入れてしまっていくことで人生を壊していくのです。一種の奴隷的立場へと自らを追い込んでしまっている状態となります。

モラルハラスメントはフランスの精神医、マリー=フランス・イルゴイエンヌ氏が提唱した言葉で当時のフランスを社会(1998年頃)を「精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるもので、犯罪である」と分析しました。彼女の著書モラルハラスメント?人を傷つけずにはいられない』は1999年日本で出版されました。

モラハラの特徴は親密な関係、夫婦や恋人同士、また、職場などの密室的な状況で生じます。一種のマインドコントロールの手段としても活用される場合も多いでしょう。

モアハラからの自分を救うのは相手との離婚も視野にいれなくてはならないこともあるでしょう。しかし、子供のことや世間体など色々なことを考えれば離婚に踏み切れない場合もあります。心が通わなくなった相手と同じ屋根の下で暮らすこと自体が苦痛となります。離婚してもしなくても自分がこれまで受けてきた仕打ちの数々が消えることもありません。恨みや腹立たし気持ちはいつまでもあなたを苦しめる要因の1つとなってしまうかもしれないのです。

あなたがモラハラの被害を被っていたことに気づいたとき、その時の憤りは計り知れません。離婚することで相手との関係を絶つことはできます。しかし、傷つけられた心や身体を元に戻すには相当な時間がかかるでしょう。何より過ぎた時間を取り戻すことは出来ません。
心に抱かれた憤りを未来永劫に抱え込んでしまうことはありません。これからの未来は違った時間へと変えていくことは出来るのです。精神的屈辱や破壊された精神の修復は可能なのです。心に抱かれた憤りの根元への制裁にて傷ついた魂を救い未来へ自分らしい生き方へ進むために、魂が受けた苦しみは魂へと返していくことがモラルハラスメントからの脅威から本当に自分を解放していく対策ともなるでしょう。

黒魔術のお申し込みはこちら

性格だからと許せないこともある

夫婦喧嘩は犬も食わないと言われていますが、喧嘩とは言えないのが一方的なDVやモラハラです。特にモラル・ハラスメントについては言葉の暴力や態度の暴力となりますのでDVの様に表面に現れ難い面もあり、旦那の性格だからと諦めてしまう方も多いかもしれません。
モラハラの特徴としては、最初は優しい夫だったのにある日、突然の豹変を感じてしまうことです。優しさであなたの心を掴むことで精神的に支配していくことで夫は自分を正当化していきます。精神的に追い込まれていく妻は「自分が悪いから仕方ない」と思わせてしまうところがモラハラの怖いとことでもあります。家庭と言う密室空間で行われ一歩、外に出れば、優しい夫を演じるため周囲に気づかれることも少なく妻が独りで悩むことが多いのもモラハラの特徴と言えるでしょう。また、夫には自分がモラハラであると言う自覚はありませんので性格として片づけられてしまうこともあるのです。精神的ダメージが積み重なっていけば自殺へと追い込まれてしまうこともありますので注意が必要です。

夫婦間のモラハラ例
1.料理や掃除など主婦業に文句がつきない
2.妻が謝ってもなかなか許さない
3.無視や舌打ちなど、露骨な態度
4.常に夫が正しくて妻が間違っている
5.夫が妻の行動を監視、決める
6.妻が家族や友人と会うことを拒む
7.妻の外出を嫌がる
8.「誰がお前を食わせてやっているんだ」「これだから女は」「自分は頑張っているがお前は怠けている」「お前が悪い」「主婦は楽」など、夫の優位性を誇示する
9.八つ当たりが絶えない
10.体型などを馬鹿にする
などがあげらます。

夫婦間の問題は他人には理解されないことが多いです。また、自分が我慢すれば済むことと諦めてしまうこともあるでしょう。好きで結婚した気持ちもあり「いつかは治るだろう」と思うこともあるかもしれません。ケチや生活苦、あるいは浮気など不満とモラハラの悩みは紙一重でもあり我慢しているうちに体調を崩してしまうこともあります。性格だからと許せていた範囲を超えてしまったとき、あなたの心に夫を憎む気持ちが湧いてくることもあるかもしれません。モラハラで苦しめられた思いを夫にも味あわせるることも抱いてしまった恨みを晴らしていく1つの方法となります。

黒魔術のお申し込みはこちら