どうしても許せない、未来を奪い人生を狂わされた相手に復讐したい

「どうしても許せない」許すことができないときは

未来を奪い人生を狂わされた相手に復讐したいHEADLINE

「どうしても許せない」許すことができないときは

「どうしても許せない」許すことが出来ない相手がいます。私の未来を奪い人生を狂わせた奴に思うことは「復讐」の二文字ばかり。

「憎い奴を呪いたい」と思っても不思議なことではないのです。

「もう耐えられない」相手のことが憎らしくて仕方なくなります。

理不尽な人と接していると心が疲れてしまいます。疲れるだけでも辛いのに、相手はあなたのことを考えることをしません。土足で心にズカズカと入り込んできます。だから耐えられなくなってしまうのです。
「親しき中にも礼儀あり」など通用するはずもない相手は、あなたにとって悪でしかありません。

会社やご近所、家庭もあるでしょう。友人や知人、親戚関係などあなたの生活環境であるコミュニティーのかなでは我慢も忍耐も必要であるものですが、あなた耐えられないほどの相手ならできれば、関わらないで済む方法を考えなくてはならないでしょう。しかし、理不尽な相手ほどあなたに深く関わってきます。関係を絶つことはそう簡単にできないと思う方もおられるかもしれません。

どうにもならない状況だから心が苦しくて、辛くてたまらなくなってしまいます。耐えて、我慢して一生懸命に生きているのだと思います。

あなたにとって不利益で理不尽な人との関係を絶ちたい、また、無の関係へと仕向けていきたいと感じたら黒魔術で縁を絶つことも1つの自分を助ける選択肢となるでしょう。

黒魔術のお申し込みはこちら

どうしても許せない相手への対応

どうしても許せない人がいます。どうすれば許せますかとご質問を頂きます。

どうしても許せない理由は人により違いますので必ずしも「許しなさい」だけでは解決できる問題でもありません。他人から傷つけられた心の痛みは、傷つけられた本人だけにしか分からないことです。ですから「許す」「許さない」であなたが悩んでいるとしたら自分を苦しめることになります。第三者では理解できない感情です。「善」と「悪」だけでは到底理解できない感情なのです。そして最も重要となるのは自分自身でも真の意味で理解することが難しい感情でもあるのです。しかし、自分を苦しめる感情ですから何らかの対処は必要になってきます。

あなたがもし、どうしても許せない人がいるとしたらまずは「どうしても許せない相手」に対しての思いを見つめていくことがよいでしょう。
この場合、相手を見るのではなくて自分を見ることになります。今の感情はあなたに何を求めているのかを知っていきましょう。求めているものが分かれば必然と「許す」「許さない」が決まってくるでしょう。

あなたが「相手を許せない」気持ちと「相手を許そう」と思う気持ちの間で苦しんでいるとしたのならどちらの比重が高いかです。許す心が強ければ許せばよいと思います。許せないほどに憎んでいる相手であったとしても「許すか」、「許さないか」で心が揺れているときは幾分でも憎い相手を包み込めるだけの包容力がまだ心に残っているのです。許せるならば許す方が自分にとっては楽であることには違いありません。ありきたりな言葉で言うと、許せない奴の行為、言葉、あなたが噛みしめた苦味と悲しみは「忘れましょう」となるのです。

相手を許すことは、あなたが被った苦しみだけを忘れることだけでは難しいことであると思います。「罪を憎んで人を憎まず」とは孔子の言葉となります。この言葉の意味は罪人を裁くときの教訓として刑法に関して説いています。正確な言葉では「其の罪を悪んで其の人を悪まず」となります。これを対人関係に当てはめても表面的には相手を許せていたとしても内面的に許せない状態となってしまうことは否めません。
言葉に隠されている意味は記憶から苦しかったことや悲しかった出来事を消し去ることはそう簡単に消すことはできないと言うことです。たとえ、忘れていたことでも相手を見るとフラッシュバックするのです。蘇る記憶からは沸々と怒りがこみ上げてしまう様では本当に許せたことにならず心は今以上に悪化してしまう可能性があります。「許す」とは内面から完遂しなければ、あなた自身が苦しみの渦中で時間を止めてしまうことになってしまうのです。
記憶に刻まれた過去の出来事は心の傷として残ります。かといって記憶を消し去ることはとても難しいことです。消せない記憶になっているとしたらなおさら過去と記憶に苦しめられてしまうものです。そんなときは自分の生活環境を一変させることも重要となります。記憶を呼び起こすことが無い環境へ自分を置くことで時の流れの力を借りながらでもゆっくりと記憶は色あせていきます。記憶が薄れることは「忘れる」につながるのです。そして、「どうでもよくなる」記憶へと変わっていきます。消せない記憶を忘れるための時間を自分に与えるために環境を変えることは「許せない相手」を許していくことへつなげる最短な方法でしょう。あなたが許せない相手を許そうとするのなら「忘れる」ことへ意識を傾けていく必要があります。そのためには相手の全てを忘れてしまうことへ心を動かしていくことも自分自身に求められることになる場合もあるのです。

自分を苦しめた相手を「許す」ことは、苦しんでいた自分を「許す」ことでもあります。自分が傷つけられれば誰だって傷つけた奴を許すことなど簡単ではなくなるでしょう。それは傷つけられた自分を思う気持ちがあるからです。だから相手を許そうと思うなら自分を許すところから始めることもよいでしょう。

どう考えてもいくら心を整えても「許せない相手」はいるのです。それを無理に忘れることはないです。無理をすれば自分が苦しくなるだけです。そんなときは心をはっきりと決めればよいです。「許さなくてよい」のです。あなた自身が許せないのであれば未来永劫に許す必要はありません。

「許す」「許さない」での悩み、心の葛藤で悩むとき「許さない気持ち」だって選択肢なのです。

黒魔術のお申し込みはこちら

人生を奪った奴が許せない復讐への思い

人を傷つけてものうのうと生きている奴もいます。心を踏みにじることに罪悪感の欠片も感じない奴が楽しく生きていることが許せないと思う心に苛まされてしまっているとしたら。
物質社会で物質的な報復は許されません。未来を奪われ人生を狂わせた奴への報復や復讐を試みれば自滅への道を歩んでしまうことになりかねない。だからと言って泣き寝入りするしかないのだろうか。
あなたの人生をメチャクチャにした奴が平気で生きていることがどうしても許せないと思ったときはどうすればよいのでしょう。
自分を傷つけず、人生を奪った奴にそれなりの報いをと考えている方に黒魔術の復讐と制裁が、あなたの未来を奪い人生を狂わせた奴への復讐と制裁を下します。傷ついて苦しみに喘ぐ、あなたの心を救う力となることでしょう。
人を恨むことは世間一般にはいけないことになるかもしれません。しかし、古来より呪いは現代へと受け継我てているのです。今昔の時代を越えて人は人を恨むのです。
人を恨んではダメですと言う人もいます。「世の中は不条理だから、世の中はそんなものなんだよ」と。他人は、あなたの心を決して知ろうとはしない。ただ、同情だけで話を合わせているにしか過ぎないもの。

あなたが未来を奪われ人生を狂わせた奴への憎しみを忘れることができれば、復讐への思いを諦めることが心の底より出来るなら、それも自分のためとしてプラスへと心を導くことになります。けれど、憎しみを抱くあなた自身の身の上に起きた奴からの仕打ちと非道どうしても許せないとしたら、無理に忘れようとしても未来への一歩を踏み出すことができないかもしれません。
気持ちへのケジメがなければ、前には進むことは出来ないものです。憎しみを抱いた心はマイナスのエネルギーを消化させて心から消滅させていくことへ意識を向けていくことで消すことができるのです。そして、あなたは自分自身の未来へ明日へと一歩を自分の足で踏み出すことが出来るでしょう。

物質社会での報復や復讐は許されないことです。それは自らを滅ぼす負のループの始まりとなるからです。

当サイトの黒魔術は許せない奴の人生を破壊していきます。あなたの心にある苦しみを消し去ることに効果を発揮していきます。明日への一歩を自らが踏み出せる方向へ向かわせていくお手伝いを行わせて頂きます。

黒魔術のお申し込みはこちら