呪いの方法 邪眼(じゃがん)

邪眼(じゃがん)HEADLINE

悪意を持った目で呪う

邪眼邪眼とは、悪意の目。古代より悪意を持った目で人を睨みつけることによって呪いを掛ける魔力があると言い伝えられています。

邪眼は、邪視(じゃし)や魔眼(まがん)とも言われ、邪眼により人は病弱になり、何れ死に至ることもあると恐れられていました。
西洋では魔女が持つ魔力ともされ人々に災いをもたらしたとも言われ、南ヨーロッパやトルコでは青い瞳を持つものは、その人間の意図に限らず、人々に呪いをかける力があると恐れられていました。
トルコ、中東地域では「イーヴィルアイ」に対しての信仰はとくに根強く現代でも呪い返しを意味するのか魔除けやアミュレットとして、目を象った護身のお守りを老若男女問わず身に着けている人が多いようです。

一般的には信仰の範囲とジンクスとして、世界各地に邪眼の話は残っています。古代ローマでは邪眼に対しての呪い禁止法がありました。日本では江戸末期の生物学者で民俗学者であった南方熊楠(みなかた くまぐす)が邪視として紹介しました。

邪眼の特徴

邪眼での呪いが発動される特徴としてあげられるのは、悪意のない邪眼、意図しない邪眼となります。特別な能力を持つ人間が自分の能力をコントロールできずに呪いを無差別に行ってしまうこと。

故意の意思の元、他人に害を与える目的で視線を向ける場合。

何気なく目を向けたものに不運を与える。(嫉妬や妬み)

邪眼は、西洋では魔女の能力として恐れらました。中東では青い瞳の人からの呪いとされ恐れられました。何れにも共通するこは、その人に視線を向けられると財産を失ったり、不幸や災いに遭遇しているということです。

そして、呪いの方法が視線であることが上げられます。

邪眼での呪い方

邪眼を有効に活用する方法は、あなたが相手に抱く怨みの気持ちをダイレクトに視線として向けることです。そして、視線に
「○○(憎い相手の名前)よ、○○○となって不幸になれ」
と、あなたの気持ちを乗せることが出来ればよいでしょう。

憎しみを視線に乗せるとは、頭で思うことを目で感じる感覚、そして、相手へその感覚が伝わったと実感できることにより、邪眼は有効に働く可能性があるでしょう。

邪眼は特別な能力を持った人間が使えるものであることは知っておきましょう。誰でも邪眼を使えるわけでは御座いません。しかし、邪眼の特徴にもあるように、邪眼には妬みや嫉妬のエネルギーを飛ばす力が秘められているとも言えますので嫉妬や妬みの念を向けることによって呪いが掛かる場合もあると思います。

「目は口ほどに物を言う」と、ことわざがある様に、人の目には、その人の気持ちが通常時でも現れます。その目を見た相手が、あなたに敵意をむき出しにしてくることも否めないことです。そのとき、あなたが放った気持ちは、跳ね返されて自分が被害を被る場合もありますので気をつけるようにしてください。邪眼を試すときは、相手との距離感も十分に考慮して行いましょう。

呪文と併用して使う方法もあります。
「汝、○○○(対象の名前)にわざわいあらんことを願う、サタンの名において」
と繰り返す。