黒魔術による呪いの効果について

黒魔術呪いの効果HEADLINE

呪いで心を晴らす呪いの効果

人を恨んでも自分の胸にしまってしまう方は多いです。自分の中で解消できるならば、それにこしたことはないでしょう。
しかし、解消されない思いであれば、いずれ、あなたを苦しめる感情となって現実社会に大きな影響を及ぼすかもしれないことは否めません。
「運が悪い、なぜだろう」
と、ご相談をうけることがあります。
お話を聞いていると、過去に人を憎んでいたことを胸にしまいこんでしまっている方が案外と多いのです。話を伺っていると、
「忘れたくても忘れられず、ずっとおもっている」
「忘れるしか仕方ない」
など、抱いてしまった恨みの感情を押し殺して、必死で忘れようとする方、妥協に甘んじている方など、十人十色ですが抱いてしまった恨みが解消されていない点では一致していました。
あなた自身が忘れたと思っても潜在意識に刷り込まれたマイナスと負の要素の原因となってsまってあなたの人生そのものに悪影響を及ぼしているのです。

「魔が差す」ことがある人の多くは、潜在意識に刷り込まれた負の要素によって引き起こされています。解消できない思いは自らを滅ぼすエネルギーと変わっていくのです。

殺人事件の容疑者で「殺す気はなかった」と聞くことはないでしょうか?

また、何か事件を起こした時も「〇〇する気持ちはなかった」と聞くことがあります。

殺す気は、本当になかったかもしれません。〇〇する気はなかったけれど、潜在意識に刷り込まれた負の感情は思わぬ形で現実の世界へと反映されてしまうのです。

例えば、暴力をふるった先にあるものは何かを考えれば一目瞭然です。たった一つの結果、それは、破壊しかないのです。破壊の延長には「死」があることは誰もが、うなずけることでしょう。
特に、暴力をふるわれた側が、幼い子供だとすれば、立場の弱い人間だとしたら、自分より弱い人間に対しての暴力は一方的となり行動自体が既に殺す動機なのです。潜在意識に潜む欲求、自分にその気はなくても、それを願っている潜在意識があるのです。

そして、その潜在意識を作り上げるのが消化しきれない自分の中にある過去の恨み、心に闇を作ってしまう過去の出来事なのです。

人を恨むことは「公序良俗」に反するとよく言われます。公序良俗とは「社会的妥当性」や「社会的相当性」がないことと解釈されています。
人を恨む感情は、確かに社会の妥当性や相当性を考えれば何もないかもしれません。百害あって一利なしの感情です。

「もっともである」と、自分を納得させることはできるでしょうか。納得させることができればそれでよいでしょう。人への恨みは忘れてしまえばよいのです。

しかし、人は生身の生き物です。自分が苦しめられたことに、惨めや悲痛を感じたのであれば、簡単に忘れることなど、できない人もいるでしょう。けれど、「公序良俗」の概念から、自分の中に闇を作り上げ、妥協しているか、心を押し殺しているかの何れかなのです。

その気持ちに自分では気づかなくとも、潜在意識には確実に悪影響を与えています。

そして、潜在意識の働きによって、不運は引き寄せられ、慢性的な不運が続く、自分を不幸だと思ってしまう出来事に遭遇することが多い傾向に陥るのです。

また、そんな時期が続くことで、その先にあることは「魔が差す」行動なのです。上記に述べている様に、自分では思っていなくても、行動自体が既に動機となって自分を悪い方向へ突き動かしてしまいます。

人を恨む感情は確かに悪いことであるでしょう。しかし、抱いてしまった感情は消化していかなくては自分の為によくありません。

その手段を間違うと「公序良俗」となってしまいます。そして、その手段を選ぶのはあなた自身であることを忘れてはいけません。恨みを抱いても、どんなに苦しくても未来を有意義に過ごすことは必ずできます。けれど、自分の未来を壊してしまっては有意義な未来を自ら手放すことになるのです。

人を恨んでしまった心を呪いによって消化させることは、あなたの未来、自分に対しての気持ちの処理を含めたものであり、そして、何より自分自身を救うことにつながります。

当サイトの呪いの効果については、対象者には犯した罪への償いと制裁を下し、傷つき、苦しめられた魂には救済を与えていきます。

呪い 方法

人を呪う方法は様々にある。人型を使用した呪い、生霊、悪霊を扱った呪い。怨念のエネルギーで人を呪う。

呪いとは物理的な手段を用いず、精神的、霊的な力によって第三者へ害を及ぼすもの。

呪いは自分へ返ってくる場合がある。「人を恨めば穴二つ」が呪いに関しては東洋での考え方。日本でも人を呪えば、自分に返ってくると、人を恨むことについて戒めがある。

西洋の魔術には黒魔術と言うものがある。黒魔術には扱うエネルギーによって魔術を行うものが破滅したり精神的に破壊されることがある。
日本の呪い返しとは全く異なることだが、呪いを行った者への報いがある場合があるのだ。しかし、それは呪いを行った術師に齎される災いと報い。あなたが黒魔術を自分で行わない限り、災いや報いをうけることはない。

人を呪いたいとあなたが思うとき、それは、何らかの理由があるからでしょう。何の理由もないのに人を恨む様なことは誰もしない。
恨みをはらしたいと思う気持ちには、それなりの理由があるはず。

セクハラ、パワハラ、いじめ、隣人のトラブルなど、人間関係に、人を恨む理由がある。黙って許すことができるのなら許せばよい。
もし、あなたが許せないと憤りを感じているのであれば、呪いも1つの手段として心を晴らすものになるには違いだろう。

あなたの恨み、呪いで晴らします。

※黒魔術に関して参照「呪い返し