理不尽と不条理に満ち溢れた社会で

職場での嫌がらせされたときの奥の手HEADLINE

「仕事の足を引っ張る」職場の意地悪な人への対応

職場は一日の大部分を占める時間帯です。そんな職場にいつも同じ人に「嫌がらせたり」「陰口をされたり」「無視されたり」それだけでなくあなた自身の仕事に差し支えるようなことまでされてしまうと、会社で仕事を続けられるか不安になってしまうのも仕方ありません。
職場の嫌がらせはきちんと対処することが大事ですが上司だったり、職場のボス的な存在であったりと人間関係に上下があればなかなか言いたいことも言えないのが現実です。

「仕事の足を引っ張る」職場の意地悪な人に悩まされるとほとほと疲れてしまうものです。会社を辞めるわけにもいかないし、大好きな仕事でればなおさら続けていきたいと思います。

あなたは普通に仕事をしていても、嫌がらせされることはは誰にでも遭遇してしまうことです。あなた自身何も悪いことはしていなくても嫌がらせする人は、あなたを嫌っていたり、気に食わない何かがあるのかもしれません。「仕事ができる」そんなことが妬みの対象になってしまうこともあるのです。
また、女性社員の関係では「自分よりも男性のウケがいい」「若いから」といった色恋の嫉妬なんかもあります。自分より年上やお局的存在の人から嫌がらせされることはよくある話です。

人間関係を考えればじっと我慢してしまうこともあるかもしれませんが、いつまでも泣き寝入りしていては、あなた自身にとってプラスにはならないのです。嫌がらせはその日だけでは終わらずに継続的に起こるものが多いです。毎日のように続く職場での嫌がらせは本当に心を疲れさせてしまいます。しかし、嫌がらせをされたら自分を守るためにもきちんとした対処をすることが必要となります。

本当は断固たる態度で「嫌がらせ」に関して文句の一言でも言えるのが良いですが、先にも述べた人間関係を考えるとやはり黙っている方が無難とも考え「嵐が通り過ぎるのを待っている」そんな方も多いのではないでしょうか。

上司に相談しても解決することもなく、逆に一緒になって「嫌がらせ」が始まってしまう例もあります。

誰にも相談できない「職場での嫌がらせ」になってしまっているとしたら奥の手として「呪い」を仕掛けていくのも1つの方法となります。

「職場環境を良くしたい」「嫌な人を排除したい」「嫌がらせをやめさせたい」など、職場での悩み解消に。

黒魔術申し込み

現実はいまだに横行するマタハラ問題

マタハラとはマタニティーハラスメントの略。働く女性が妊娠をきかっけに職場で嫌がらせを受けたり退社に追い込まれてしまうこと。

広島市の病院に勤務していた理学療法士の女性が妊娠後に降格されたのは男女雇用均等法に反するとして損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷は「妊娠がきっかけの降格は、自由意思に基づき女性が明確に同意した場合や、事業主側に特段の事情がある場合をのぞき、違法で無効」とする初判断を示した。妊娠がきっかけの降格は違法で無効と初判断が下されました。一審、二審で女性の主張を棄却されていました。

今回の最高裁の判断は女性が輝く社会を目指す日本にとって画期的な判断であったと言えます。強い女性ばかりでない現実と働く弱者にとって、マタハラの被害を受ける多くの人は企業から明確な同意を余儀なく求められ屈しているのがマタハラが繰り返されている原因なのでしょう。

日本労働組合総連合は(2014年)5月にマタハラの実態を調査。働く女性の3割が被害を受けている実態が判明。去年(2013年)にも同様の調査を行ったが改善が見られていないことも浮き彫りとなった。

妊婦となった女性は大切な命を育んでいます。新しい息吹を宿した女性に対して無情にも社会は冷たいのが現実。お腹の命が過剰なストレスが原因で消えてしまったとき、果たして妊婦である女性に自己責任を問えるのだろうか。消えた命に最も傷ついている女性に対してあまりにも過酷すぎる冷血な社会となってしまわないだろうか。それが社会と割り切れることができるのだろうか。心に背負った傷は一生の苦しみとなって女性を苦しめるかもしれないのです。

黒魔術申し込み

理不尽、不条理に満ち溢れた社会

私たちが生活を営む社会、世の中は理不尽と不条理に満ち溢れた社会です。人間は大まかに分類すると支配する者と支配される者の二択となります。
そして、支配する者が社会を作っています。それは古代より傲慢と強欲、そして、自己益と私利私欲を尽くした者たちが支配の権利を握り、現在へ命をつなげながら意志は生き残った者たちに引き継がれ、そして、彼らは未来を作っていくのです。生き残った者たちもまた更に遺伝子を研ぎ澄まし未来へ引き継がれし命となって永遠と社会を人類を支配していくのです。

この法則は人間が人間である以上、不変の法則となっています。よって、人として生を得た悲しみの1つに生まれる場所によって差別や束縛を受けたり得た親によっては未来が決まってしまうこともあります。

権力者が握る社会の理不尽や不条理に人類の本当の自由を求めヨーロッパ・ルネサンス期、魔術結社は活動を活発にさせました。

小さなコミュニティーの中にも支配する者と支配される者が存在いたします。会社でも街にも、そして、小さな集落にですら。人が集まる場所には必ず存在するのが支配する者の不変の法則です。

ですから、社会とは、世の中とは不条理と理不尽を前提とした運営があることを理解する必要が御座います。支配層が作り上げた社会に正義とは支配層にしか無いことを私たちは受け入れていかなければまりません。そして、抗うことを自分の正義と考えたとき、自分が犠牲になること、自分に不利益を蒙らせる様な選択は決して行ってはいけないのです。
理不尽と不条理に満ちた社会で、あなたの思う正義が正義として通じる相手であれば、あなたは、理不尽も不条理も感じることはないのですから。

黒魔術は対象者を絶対悪として魂の怒りと叫び、宇宙の法則より、対象者へ恨みを晴らしていきます。人間が古代より築いた不変の法則に唯一、対抗できるのが生と死に至るまで全空間を支配する普遍、宇宙の法則なのです。

黒魔術申し込み