この世を呪うほどの絶望感で、孤独と闇の中

この世を呪うほどの絶望感で、孤独と闇の中HEADLINE

呪いを考えるあなたへ

黒魔術とは文化人類学で定義すれば邪術とほぼ同義とされ黒呪術ともいう。

不条理が蔓延り、平然と理不尽もまかり通る社会である限り、正直者がバカを見るのが世の中かもしれない。自分を傷つける奴へ、同じ思いを味あわせたい、嫌、それ以上の苦しみを、そう思っても誰が誰を責めることが出来るだろうか。だが、憤りに感情的になれば周囲や家族を悲しませるかもしれない。だから皆、我慢や妥協を自分に言い聞かせて生きることもある。しかし、苦しい思いをひた隠しながら生きることは自分を傷つけているのと同じくらい悲しいこともないだろう。

感情のまま自らを暴走させてしまい自らの手を汚しめ自分を貶めることをすれば自分の愚かさを痛感することになってしまう。それでは何も得るものは無いのでは無いだろうか、呪いがこの世に存在し、古来より永遠と伝承されている訳と価値が社会には溢れている。
自分を傷つけた者に人生までも潰されない為に、そして、未来を生きる自分の為に呪いは存在意義と価値がある。

呪いに関しては十人十色で、良いか、悪いかは個人の自由である。また、信じるも信じないも個人の自由である。

あなたの恨み、憎しみ、心の痛みを黒魔術にて執行させて頂きます。