呪いの歴史と黒魔術

呪いの歴史と黒魔術SERVICE&PRODUCTS

呪いと悪魔

呪いの歴史は世界各地、日本でも古くから行われていました。邪馬台国の女王「卑弥呼」は術師として古文が残っております。

西洋では自然魔術や悪魔崇拝の呪い。民間信仰では、ハイチ・南アフリカから発祥したと言われるブードゥー教の呪い。

日本の呪いは平安時代の陰陽師などで知られる陰陽道は密教秘術として権力者に重んじられてきました。
日本の「祟り」なども「呪い」に纏わるもので崇徳天皇や将門の首塚の話なども有名です。
第二次世界大戦末期の日本では米大統領へ呪いを執行しておりました。

中世ヨーロッパで「黄金の夜明け団」に代表される秘密結社は自然魔術を近代魔術へと導きます。
政治弾圧、仲間割れなど秘密結社は解散に追い込まれることになりますが彼らの活動は近代魔術の基礎となり古代の英知である数々魔術書を世に知らしめることになりました。


悪魔と近代魔術

悪魔と近代黒魔術

世界には無数の悪魔が生息している。元々、邪悪でしかない悪魔、神の世界から堕ちた天使など悪魔の側面も様々。

神に刃を剥きだし、人には不幸へと貶める悪魔が何故、神に存在を許されるのでしょうか。

魔術の世界で悪魔は闇のエネルギーの存在として高次元に属します。
光の高次元の神に対して闇の高次元が悪魔で、神と悪魔は相互のチカラを交差、共同、対立を抑制しあいながら宇宙の秩序を保っているのです。
言わば、神の反作用が悪魔でもあるから神は悪魔の存在を容認するのです。

近代魔術の悪魔論(悪魔学)で悪魔は神の清掃人として破壊的なチカラも神として分類されることもあり、悪魔は無秩序で乱れたものでは無く宇宙の法則に従ったチカラと説いています。

悪魔の存在は確かで、闇のパワーとしてこの世に影響を及ぼしています。貴方が闇を目で確かめようとしたときの象徴が悪魔と言えるでしょう。
光のパワーである天使もまた目では確かめられない様に、目に見えない高次元のチカラは私たちを翻弄もすれば幸せへと導くことも致します。

古代の英知に基づき光と闇のチカラ、天使、悪魔のパワーを司る宇宙の法則に従い操るのが近代魔術で悪魔崇拝や自然魔術を超越したのが近代黒魔術なのです


悪魔

悪魔崇拝

悪魔崇拝

悪魔崇拝とは正式にはサタニズムと言います。悪魔主義とも言われる宗教的、イデオロギー、哲学的信条における社会現象の1つです。

一般的にサタニズムとは悪魔(サタン)を崇拝して悪の力を持って善なる力と闘い世界を征服すると言う考え方の様に思えますが、サタニズム組織である悪魔教会は、この考え方を否定しています。また、悪魔(サタン)も実在すると定義も表明はしておりません。単に物質的な代名詞として悪魔(サタン)を用いています。
悪魔教会の創設者、アントン・ラヴェイは
「たとえサタンと言う名の神がいたとしてもあらゆる神を信仰せず、同様に悪魔の掟にも従うこともない」と言っております。
しかし、有神論のサタニズムの存在するのも事実です。サタニズムにも色々な組織、形式があると言うことになります。
黒魔術と聞くと悪魔を連想する方も多いと思いますが自然魔術や悪魔崇拝の魔術は古代魔術とも言える古い魔術です。

魔術の歴史で自然魔術から近代魔術へ移行した中世ヨーロッパ、ルネサンス期より様々な思想と魔術は交わり古代の英知、伝承と哲学は大宇宙の法則の解明と実践にて自然魔術から近代魔術へ大きな進歩を遂げ、復讐、呪いと願望を叶える大奥義となっていきます。


悪魔学

悪魔学

キリスト教・ユダヤ教・ゾロアスター教・イスラム教などの悪魔(デーモン)に関する体系的な記述の総称。魔神学、鬼神学、鬼神論とも言います。

悪魔とは1つの宗教の考え方では無く多宗教に共通するものです。時代背景、多民族に渡り悪魔の文献は多く残されて、それらを全て統括した考え方が悪魔学となります。

善と悪に悪魔の始まりがありキリスト教以前、ギリシャでは既に伝承されていました。また、善と悪の二元論が特徴の世界最古の一神崇拝ゾロアスター教が誕生したのが紀元前6世紀。ゾロアスター教の教えは現アフガニスタンの地より世界に広がりました。

近代の悪魔学で悪魔を神に敵対するものとしての考え方が一般的となっておりますが歴史を紐解けば悪魔の象徴サタンは旧約聖書では人間を告発し罰を与える天使であり神の僕の側でも御座いました。新約聖書では神に敵対する者とされています。

悪魔に関しては様々に伝承されるなか紀元前1世紀ごろ黙示録「エノク書」で悪魔・堕天使に関する魔術文献やグリモワールが主に15世紀から19世紀にかけて注目されるとともに多くの魔術が体系化され近代グリモワールと悪魔学が展開してゆくことになりました。

悪魔とは神と密接な関係があるのは明かで神の反面的要素を一手に受け入れた闇の部分です。
世界には「光」と「闇」の存在があり、それを否定することは誰にも出来ません。二つは互いに対立と集合を繰り返して「愛」と「争い」を繰り返す存在と言えるでしょう。